全日制 学校案内

   ホーム  >  全日制 学校案内 [ 特色ある教育活動 ]
総合選択制
 東鷹高等学校では、「総合選択制教育課程」を導入しています。この制度は、生徒一人ひとりの希望進路や興味・関心に応じて、学科・系・コースの枠を越えて学習する科目を選択できるというものです。

この制度は…

 

  1. 卒業後の進路に必要な科目を集中的・効率的に学習することができる
     例
     「四年制文系大学に進学したいので国語・英語・地理歴史を重点的に学習したい」
     「医療・看護系専門学校に進学したいので国語・数学・英語・生物を重点的に学習したい」 など
  2. 自分の興味・関心・適性をいかした学習をすることができる
     例
     「美術に興味があるので素描や絵画を選択したい」 など
  3. 専門的な知識・技術を深めることができる
     例
     「高校卒業後就職したいのでワープロの技術を身に付けたい」 など
 
以上の3点についてメリットがあります。


  1年次では、普通科総合コース・総合生活科それぞれにおいて共通科目を学習していきます。
  2年次より、選択科目を学習していきます。(2年次は計2時間、3年次は計4時間)

 
 
菁莪(せいが)
 平成15年度より実施されている「菁莪」の時間(「総合的な学習の時間」)は、
  1. 自ら課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、よりよく問題を解決する資質や
    能力を育てる、
  2. 学び方やものの考え方を身に付け、問題の解決や探究活動に主体的、創造的に取り組む態度を育て、自己の在り方生き方を考える能力を育てる、
 ことを目的としています。

 「菁莪」の名のいわれは、中国の古典である『四書五経』の『詩経』のことばである「菁菁者莪」です。言葉の意味としては「人材が優れた人に教育され、その才能を伸ばす」「優秀な人材を輩出する所」ということです。生徒一人ひとりが、その能力を伸ばしていってほしいという願いを込めてこの名前を付けました。東鷹高等学校では、月曜日7限に「菁莪」の時間(総合的な学習の時間)を設定しています。卒業後の進路を研究したり、自分の意見を表現するための「小論文」指導などもあわせて行っています。
 
 
朝の読書
 毎朝10分間、小説・エッセイ・評論文など各自の希望に応じて読書をします。10分間という短い時間ですが、1ヶ月続ければだいたい1冊の本は読み終えることができます。静かな雰囲気で時間が経過するため 集中力が養われるだけでなく1時間目からの授業にも大きな効果を発揮しています。生徒からは「活字に親しむきっかけとなった」「もっと本を読みたい」「書店に行き、本を購入するようになった」「授業にも集中できるようになった」と好評です。
 ホーム
福岡県立東鷹高等学校
〒825-0002福岡県田川市大字伊田2362番3
Tel:0947-44-3015  Fax:0947-46-0137
Copyright(C)2009 Toyo Highschool All rights reserved