特色ある教育活動

〇総合選択制

 東鷹高等学校では、「総合選択制教育課程」を導入しています。この制度は、生徒一人ひとりの希望進路や興味・関心に応じて、学科・系・コースの枠を越えて学習する科目を選択できるというものです。この制度は…

1.卒業後の進路に必要な科目を集中的・効率的に学習することができる

「四年制文系大学に進学したいので国語・英語・地理歴史を重点的に学習したい」
「医療・看護系専門学校に進学したいので国語・数学・英語・生物を重点的に学習したい」 など
2.自分の興味・関心・適性をいかした学習をすることができる

「陶芸に興味があるので陶芸基礎を選択したい」 など
3.専門的な知識・技術を深めることができる

「高校卒業後就職したいのでワープロの技術を身に付けたい」 など

以上の3点についてメリットがあります。
※1年次では、普通科総合コース・総合生活科それぞれにおいて共通科目を学習していきます。
※2年次より、選択科目を学習していきます。(2年次は計2時間、3年次は計4時間)


〇がんばっ東鷹プロジェクト

 令和2年度より実施されている「がんばっ東鷹プロジェクト」の時間(「総合的な探求の時間」)は、
・自ら課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に行動するための資質や能力を育成する。
・学び方やものの考え方を身に付け、問題の解決や探究活動に主体的、創造的、協働的に取り組む態度を育て、学力、言語力、社会性の向上を図る。

 ことを目標としています。


〇底力タイム

 今までわからなかった教科や科目を放課後の15分間でChromeBookを活用して改めて勉強します。それが「底力タイム~学びなおし~」です。株式会社リクルートのスタディサプリを活用して、生徒一人ひとりにあった動画を視聴し、今まで分からないままだった教科や科目を克服します。動画の内容は小・中・高すべて含まれています。

従来は夏休みに実施していた中学生進路相談事業を今年度は5月と6月に行います


令和6年度用パンフレット


田川地区県立4校合同リーフレット